書籍は書店派?ネット注文派?

本との出会いは時として

人の考えや人生そのものを変えてしまうきっかけになるかもしれない

それほどまでに本には魅力がある

なぜなら人が書いた本というのは

その人のその時々の集大成が詰まっているからだ

そして、その集大成を手に取り読み終えた人は

あたかも疑似的に体験して蓄積することができる

さて、そのような素晴らしい本、書籍についてではあるが

世の中の人々は本を購入する際には

昔は書店で購入していたが

今のはamazonや楽天といったネット注文が主流なのかもしれない

題名にもある通りに書籍を購入するとしたら

書店派?ネット注文派?かについてであるが

私自身としてはどちらも有用であると考えている

書籍は書店で実際に手に取り読み眺めることで

その本のもつ波動を感じ取れる

そして自分に合った本かどうか購入する前に判断することもできる

ネット注文ではネットでしか出会えない書籍があったりする

その時々に応じて

書店には書店の良さ

ネットにはネットの良さというものがある

どちらも良い本との出会いの手段である

よくよく上手に利用の仕方を使い分けることで

人それぞれの人生に大きく役に立つことがあるだろう

本日もありがとうございました

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ